夜勤専従看護師の求人をお探しの方はこちらを参考にしてくださいね!

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

夜勤専従看護師夜勤専従看護師は、夜勤を専門にする看護師です。

看護師達の間で夜勤が敬遠される中、病院側にとっては夜勤専門で働いてくれる看護師が大変貴重な存在となっています。

それに、日勤で勤務するよりも少ない時間で高収入が期待できるとあって、夜勤専従看護師という働き方にチェンジする人が増えてきているのです。

ですが、せっかく働くなら少しでも良い条件で働きたいですよね。このサイトでは、夜勤専従看護師に強い求人サイトのほか、夜勤専従で働く上での注意点などを紹介しています。よかったら参考にしてください。

夜勤専従看護師に強い求人サイト、ランキング

ナース人材バンク
ナース人材バンク
現在、最も人気のある看護師の求職支援会社です。人気の秘密は業界一とも言われる求人案件数を抱え、どの看護施設の夜勤専従案件にも幅広に対応できることです。より好条件の求人情報に興味のある方なら、是非登録しておきたい一社です。

看護のお仕事
看護のお仕事
全国13万件以上の求人案件を抱える、看護師求人支援会社の一社です。病院・クリニック系の求人に特に強く、他社で扱わない夜勤専従の非公開案件を数多く抱えています。パートだけでなく、常勤の夜勤専従にも強いです。

ナースパワー人材センター
ナースパワー人材センター
看護師求人支援で25年の実績がある、最古参の看護師求人会社です。全国的に求人ネットワークを抱えていますが、西日本に特に強いのが特徴です。夜勤専従以外に、単発のお仕事や看護師派遣でも強く、幅広い求人先を紹介してくれます。

ナースではたらこ
ナースではたらこ
全国で90%以上の医療施設と取引があり、病院以外の施設の夜勤専従案件にも強い看護師求人会社です。夜勤専従の常勤にも強いので、常勤希望の方にもおすすめです。楽天リサーチによる利用者満足度ランキングで1位になったこともあり、使い勝手のよい求人サイトです。

ベネッセMCM
ベネッセMCM
ベネッセグループが運営する看護師の求人支援会社です。首都圏の夜勤専従案件に強いのが特徴ですが、首都圏以外は対象外なのが難点です。首都圏の単発(ツアーナース・イベントナース等)や派遣案件にも強いので、そちらも希望される方にもおすすめです。

夜勤専従看護師の魅力は?

夜勤専従看護師の魅力の一つは、なんといっても収入の高さです。看護師のお給料が一般のOLに比べて高いのはよく知られた事実ですが、その大きな要因は夜勤手当です。

夜勤専従看護師になると、この夜勤手当を集中して稼げるので、いわゆる日勤の看護師と較べても時間あたりが高給を取れます。 短時間でてっとり早く稼げるのが魅力ですね。


魅力の二つ目は、通常の看護師勤務(いわゆる 常勤)に比べて、働く時間帯が安定している ので、生活リズムを安定させやすいです。

常勤看護師だと、二交代・三交代のシフトで、勤務時間帯が変わるので、なかなか生活リズムを安定させられません。 働く時間帯が決まっているのもメリットです。


魅力の三つ目は、病院の福利厚生を使えることがある、という点です。 夜勤専従看護師は、比較的パートでの求人が多いのですが、ママさん看護師でも夜勤専従ができるようにと、託児所や保育室を夜勤専従看護師向けに開放している病院もあります。 これなら、育児中の看護師でも働きやすいですよね。


以上、いくつかのメリットを挙げてきましたが、実際には勤務先の病院・クリニックなどで、勤務条件が変わってきます。

夜勤手当がよい職場や悪い職場、福利厚生のしっかりした病院やそうでない病院など、色々です。 こうした勤務条件を、一人で比較するのは難しいかもしれません。


加えて、夜勤専従看護師の魅力的な募集案件の多くは、非公開案件です。 病院側としても、応募に来た看護師を面接しきれないので、信頼できる看護師求人会社から看護師を紹介してもらうのです。

逆に、公開で求人募集をしているような病院は注意が必要です。 非公開で募集が集まりきらないから(もしくは離職率が異様に高いせいで)、常に募集をかけている「ブラック病院」の可能性があるからです。


夜勤専従看護師として求人活動をするなら、夜勤専従看護師に強い求人会社に登録することが一番です。下記でそうした会社を紹介していますので、最低2~3社登録しておくと間違いないでしょう。

 夜勤専従看護師に強い求人サイトは?



夜勤専従看護師のデメリット

上記では、夜勤専従のメリットを挙げましたが、ここでは逆にデメリットを紹介します。


デメリットの一つは、上でも触れましたが勤務形態がパートであることが多いことです。 もちろん、余計な責任を負いたくないという方は パートであることを望むかもしれませんが、中には 常勤での夜勤専従看護師を希望する方もいるかも しれません。

常勤での求人もあるにはありますが、パートに 比べて大幅に求人数が少ないのが現状です。

なので常勤を希望する方は、数多くの求人サイトに登録して(多くの「網」を張って)気長に待つか、とりあえずパートでも勤務して、継続して常勤を探すかのどちらかが重要かと思います。


デメリットの二つ目は、精神的にある程度タフであることが求められることです。 これは、看護師であれば当然かもしれませんが、病棟勤務の夜勤専従になったとすると、急患の患者が来たら仕事自体が急に忙しくなるはずです。

少ない人数ですので、より多くの判断が求められる場面も増えますし、(職場によってですが)決してラクな仕事ではありません。


デメリットの三つ目は、新人や経験の少ない看護師は仕事を見つけづらい点です。 上でも書いた通り、夜勤専従は少ない人数で病棟を切り盛りしていくことになります。突発的な事態に対しても冷静に対処していくことが求められ、 経験の少ない看護師ですと、それは難しいです。

病棟勤務を最初の半年で辞めてしまったという新人看護師が、夜勤専従を希望しても募集先の病院は嫌がる可能性が高いです(それ以前に、可能性が低いため、求人会社が紹介してこない可能性もあります)。


以上、夜勤専従看護師にもメリットとデメリットがあります。参考になれば幸いです。


 夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

copyright 2013 夜勤専従看護師に強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。